子供の頃は興味なかったものが、大人になると楽しくなる!

神社仏閣巡りだったり、苦手だった食べ物が美味しく感じたり
そういう事ってありませんか?

”歴史”もそんな中のひとつです^^;

去年のNHK大河ドラマで「真田丸」でした。
さすが!三谷さんの作品だけあって面白かったです。

鹿児島県の谷山地区に「豊臣秀頼の墓」があるって知ってます?

豊臣秀頼は大坂夏の陣で最後を迎えてしまったのですが、
その一方で秀頼は生きていたという豊臣秀頼生存説も!
鹿児島に落ち延びたという言い伝えがあります。

京都でこんな「わらべ歌」が流行ったそう。
~花のようなる秀頼様を、
鬼のようなる眞田がつれて、
のきものいたよ加護嶋へ。

薩摩の島津家が、眞田幸村と豊臣秀頼を救出したというのです

P1024708.jpg

お墓は福元さんというお宅の庭にあります。

案内板はありましたが、非常にわかりづらい場所です。

P1024705.jpg

お庭にある伝・豊臣秀頼のお墓。

こんなご紹介がされています。

P1024706.jpg

大阪城が落城した時、豊臣秀頼は島津氏を頼って薩摩に落ち延びたといわれています。
「秀頼の薩摩落ち」の伝説です。
高さ3mのこの塔はsの秀頼の墓と伝えられていますが、下からは何も出なかったそうです。
初代谷山氏の供養塔という説もあります。

P1024704.jpg

大河ドラマで秀頼を演じた、中川大志さんもいらっしゃんだそう。
福元さんがお話されていました。

中川さんが自ら訪れたなんですごーい!

歴史に興味のある方は、訪れてみてはいかがですか?

<伝・豊臣秀頼の墓>
◆鹿児島市谷山中央の福元さん宅

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・新緑が綺麗な季節です

スポンサーサイト
2017.05.26 Fri l 鹿児島 l コメント (0) l top
前回の記事で鹿児島市住吉町の石倉倉庫を紹介しました。

鹿児島に行くと、つい何度も眺めたくなる景色があります。
城山展望台から眺めた桜島です。

標高107mの高台から、鹿児島市と桜島。
そして美しい錦江湾を望む事ができます。

sakurajima.jpg

そしてすぐそばにある『城山観光ホテル』もオススメ。

薩摩切子のショップがあったり、パン屋さん、レストラン。
大きなホテルなので色々と楽しめます。

Cafeやレストランからも、桜島を眺めながら食事もできますよ。

P1024711.jpg

ちょっと撮り方が下手で桜島が隠れてますが…^^;
噴水の向こうにあるのが桜島です。

ちなみに、桜島観光ホテルからの眺めは標高108m。
展望台より1m高いですね(笑)

鹿児島市内へ行かれる事があれば是非立寄ってみてください。

◆城山観光ホテル⇒http://www.shiroyama-g.co.jp/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
2017.05.22 Mon l 鹿児島 l コメント (3) l top
マイまくら全国各地にある枕専門店ですが
鹿児島が本店って知ってましたか?

近所のゆめタウンにあるけど知らなかった^^;

鹿児島市住吉町にある建物がとってもお洒落なんです。
カメラを持ってるとつい車を止めて撮りたくなるほど(笑)

P1024699.jpg

このレトロな雰囲気が素敵でしょう(*^^*)

この一角だけが、まるでタイムスリップしたかのよう!

ドルフィンポート近くにある本店。
大津倉庫(石倉倉庫群)と紹介されています。

P1024700.jpg

石造りの壁にグリーンが素敵です。

こういうレトロな建物は、きっとセピアが似合うはず!

P1024701.jpg

やっぱりしっくりきますね^^

店内には入りませんでしたがマイ枕のショップだなんて意外です。

近くには水族館もあるし、他にも観光スポットも。
詳しくはコチラをご覧くださいね。

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日は写真部の初めての野外活動撮影会です^^
2017.05.19 Fri l 鹿児島 l コメント (2) l top
1Fは広間からお庭を眺めただけだったので。

2Fからお庭を見下ろした後、もう一度ゆっくり探検^^

長い廊下、窓、窓から少し見える中庭。

PB234611.jpg

全てが絵になりますね~。

伝右衛門は白蓮を迎え入れる為、改築を行います。
敷地面積約2300坪という敷地に、部屋数25という
広大な家屋を設けるのです。
しかも、その内部は京都からわざわざ宮大工を呼んで
技を尽くさせたという、細やかな美の技法に満ちています。

こちらは洗面所でしょうか?

PB234612.jpg

お洒落な洗面台ですね。

輸入物でしょうか^^

広間越しに見えるこちらのお部屋も素敵な予感です。

PB234614_20170509182148282.jpg

窓の向こうに少し見える、ライトがお洒落です。

さぁ、どんなお部屋なんでしょう?
覗いてみますよ!

PB234613.jpg

こちらは、食堂のようです。

お洒落な食堂でいただく食事も美味しかったのかな?
そして豪華なメニューだったのでしょうね^^

長ーい廊下を歩きながらふと思ったこと。

PB234610.jpg

こんなに長くて広い廊下、沢山のお部屋。
掃除が大変だったでしょうね(笑)

素晴らしいお屋敷ですよ。
良かったら歴史にも触れつつ見学されてみては?

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/index.htm

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日の料理教室準備OK
2017.05.11 Thu l 福岡 l コメント (2) l top
前回の記事ではお屋敷1Fからのお庭を紹介しました

1Fから眺めたお庭は目線と同じ。
2Fはどんな感じなんでしょうね(*^^*)

トントン‥階段を昇っていくと。。


窓越しに見下ろした庭園。

もっと近くに寄って見下ろした風景がこちら。


1Fより2Fからの眺めの方が素敵ですね。

さて1Fのお部屋をゆっくり見学するとしましょう。

◆旧伊藤伝右衛門邸→http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日はお休み〜♪
2017.05.08 Mon l 福岡 l コメント (4) l top
旧伊藤伝衛門邸の続きです。

さぁ、いよいよ豪邸の中へ入ります。
お屋敷内に入って目に留まったのは、小窓越しの景色。

PB234598.jpg

格子の合間からちょっぴり見える色づいた赤い葉が綺麗でした。

カメラを構えていたら、同じ場所から撮っている男性がいらっしゃいました。
やっぱりこの景色良いですよね?・・と心の中でつぶやき(笑)

広い広いお屋敷は、廊下もこんなに長い!

PB234599.jpg

1Fの大広間からは、日本庭園を眺める事ができます。

PB234606.jpg

日本庭園をお散歩するのも良いけど…

こうやって室内からゆっくりと眺めるのも良い。

PB234602.jpg

PB234604.jpg

このお部屋からは四季折々の景色を楽しむ事が出来るんでしょうね。

お座敷ってなんだか落ち着きます。
そんな気持ちになった時、日本人で良かったぁなんて思う(笑)

PB234605.jpg

1Fにはまだ沢山のお部屋がありますが先に2Fへ。

…続く。

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・パン屋巡り楽しかった♪

2017.05.05 Fri l 福岡 l コメント (2) l top
前回の記事、旧伊藤伝衛門邸の続きです。

白蓮館をサクッと観賞した後は、日本庭園を見学^^
それはそれは立派な庭園でしたよ。

庭園に入ると右手に大きなお屋敷が登場します。



隅々まで手入れの行き届いた庭園ですね。

お邪魔したのは11月下旬だったので、お庭のあちらこちらで
赤く色づいた紅葉も見る事ができましたよ。

新緑の今この写真?と悩みながらもUPしてます^^;

PB234588.jpg
PB234594.jpg

◆敷地面積:約7570㎡
◆建物延床面積:約1020㎡

池を配した広大な回遊式庭園を持ちます。

PB234592.jpg

庭園から眺めた、お屋敷の全景です⇓

PB234589.jpg

この屋敷は明治30年代後半に建築。

1911(明治44)年に50歳の伊藤伝右衛門が、25歳年下の
柳原燁子(あきこ/歌人・柳原白蓮として活躍)と再婚するにあたり
2階部分を増築しました。

以後、昭和初期にも増築が行われ日本庭園に面して
4つの棟と3つの土蔵から形成されています。

PB234591.jpg

庭園を散策しながら様々な景色を楽しむ事ができます。

平成23年9月に国の指定文化財(名勝)になりました。

PB234593.jpg

さて、いよいよお屋敷の中へ入りますよ^^

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・新緑の季節ですね^^
2017.05.01 Mon l 福岡 l コメント (0) l top
飯塚にある『旧伊藤伝衛門邸』に行って来ました。

お邪魔したのは実は去年の秋。
紅葉など、ちょっと季節外れな写真になるけどUPしますね^^;

明治、大正、昭和にかけて、福岡県筑豊地域は石炭エネルギー供給地日本一の場所でした。
当時「筑豊御三家」と呼ばれた麻生、貝島、安川に続いたのが炭鉱王、伊藤伝右衛門です。
”筑豊の炭鉱王”と呼ばれた伊藤伝衛門。

ここは、そんな炭鉱王が残した贅を尽くした邸宅です。

PB234574.jpg

まずは、入口のです。

PB234576.jpg

立派な門構えですね~!

邸宅を囲む塀?も、ずーっと先まで続いています。

PB234575.jpg

どこまで続いてるの??という程向こうまでありますね。

さて、敷地内へ入っていきますよ。

PB234614.jpg

お屋敷の玄関が見えてきました。

お屋敷に入る前に、立寄ったのは・・・

PB234577.jpg

白蓮館です。

伝衛門の妻だった、歌人柳原白蓮の歴史資料が展示されています。
倉庫だった場所を、白蓮館として美術館のようにしているみたいです

白蓮とは?・・・詳しくはコチラをどうぞ。

NHKの朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じられていました。

残念ながら館内の撮影はNGです。
白蓮館の近くのモミジが綺麗に色づいていました。

PB234582.jpg

PB234583.jpg

お屋敷は、とーっても広いので白蓮館はさくっと観賞。

続いて庭園へと進みます・・・

庭園の様子は、次回ご紹介しますね。

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/index.htm

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・梅干し美味しいね。
2017.04.28 Fri l 福岡 l コメント (4) l top
風に舞う桜の花びら。

歩道に落ちてる様子が、まるで花びらの模様みたい^^

P4134767.jpg

こんなお粗末な写真をblogにUP??と迷いましたが
桜の季節にお別れの挨拶。

桜の花は、散って舞う姿まで私たちの目を楽しませてくれる。

淡いピンクの花びらに癒される季節も終わっちゃいましたね!

また来年楽しませてねっ♪

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・お給料日♪
2017.04.25 Tue l ●flower&Green l コメント (4) l top
小倉南区にお洒落な和菓子屋さんがOPENしています

カラーバウム等でお馴染みの「FAVOLI」の系列店で
去年2016年12月2日に『菓匠 きくたろう』がオープンしました。

白と黒を基調とした店舗は和のテイストを取り入れ
シンプルでスタイリッシュな空間になっています。

店内は写真を撮り忘れたけどまるでモデルハウスのよう

テイクアウトはもちろん!
店内にはカフェスペースもあってランチやお茶をする事が出来ます。

P2264745.jpg

今回はランチの時間に間に合わなかったので軽めのお茶にしました。

ぜんざいをいただきました。
栗入りなのが嬉しいですね^^

注文後の待ち時間に和菓子を見るのも楽しみのひとつ

ショーケースの中には色とりどりの和菓子が並んでいます。
おはぎ、串団子、かりんとう饅頭、大福‥etc。

眺めてるだけでワクワクしちゃいます(笑)

P2264739.jpg

抹茶ラテはそのままテイクアウトできるようカップで

かりんとうも色んな種類がありましたよ。
種類はコチラをどうぞ。
抹茶、いちご、紫芋、ねぎ味噌など変わった味も!

次回は、ぜひランチを食べてみたいです。

とってもお洒落な和菓子屋さんです。

<菓匠 きくたろう>
◆住所/福岡県北九州市小倉南区上曽根新町11-11
◆TEL/093-474-6006
◆定休日/不定休(HPをご覧ください)
◆営業時間
・店舗 9:00~19:00
・Cafe 10:00~19:00(LO 18:30)
⇒ランチタイム 11:30~15:30
◆HP→https://www.kikutaro.net/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・雑誌付録カワイイ
2017.04.22 Sat l ●Cafe tea time l コメント (2) l top