『鳩太郎商店』でのランチ後はお隣のナガタパンへ。

そしてすぐ側にある筥崎宮の境内を少しだけ散策。

筥崎宮は筥崎八幡宮とも称し、
宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられます

大きな鳥居は存在感がありますね〜!

P2124733.jpg

こちらは一之鳥居、『国指定重要文化財』に指定されています。

ちなみに、本宮の鳥居は御本殿近くより数えて
一之鳥居、二之鳥居と呼ばれます。

続いて楼門。

P2124738.jpg

文禄3年(1594)筑前領主小早川隆景が建立。

楼門も『国指定重要文化財』に指定されています。

P2124734.jpg

沢山の参拝者の方がいらっしゃいました。

神社仏閣って、子供のころは興味なかったけど。
大人になると歴史ある建物に魅力を感じますよね。

P2124735.jpg

こういう建造物を見学する楽しみ。

カメラを撮るようになって、さらに楽しくなった気がします。

その歴史を知るともっと楽しいんでしょうけど…^^;
歴史は、さっぱりなのです(笑)

<筥崎宮>
◆住所/福岡市東区箱崎1-22-1
◆HP⇒http://www.hakozakigu.or.jp/index.html

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・コーヒースクール無事に終わったよ。
スポンサーサイト
2017.08.08 Tue l 福岡 l コメント (5) l top
篠栗九大の森。

同じような記事にお付合いいただきありがとうございます。
今回で最終回です(笑)

蒲田池をぐるっと一周すると2キロほどあるようですが
目的はラクウショウ(ヌマスギ)だったので。

2つ目のポイント、少し小さめのヌマスギ。

ミニヌマ-ファン

この景色を見る事が出来たので一周せず戻ることに^^;

キラキラ綺麗な新緑。

確か…去年(2016)は新緑の写真を撮り損ねちゃったから
今年はその分も楽しむ事ができました。

その反動でしょうか?写真を撮り過ぎ(笑)

ミニヌマ-ジオ

遊歩道を散策したら喉がかわいちゃった。

お気に入りのあのCafeへ行ってみようかな?

◆篠栗九大の森⇒http://www.sasaguri-therapy.jp/base_load/kyudai/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
2017.06.17 Sat l 福岡 l コメント (4) l top
ラクウショウが自生する水辺の森。

この一帯だけは不思議な空気が流れているよう。

見上げた空もほら!



ふんわり素敵に見えるよう、、、
ファンタジックフォーカスで撮っているのもあると思うけど

本当にこんな感じなんです♪

またまたカメラ遊びがしたくなりました(笑)

ジオラマモードでの撮影はこちら↓



撮影モードで随分と雰囲気が変わりますね。

黄緑の若葉と、濃い緑の葉。
同じフレームでどちらも眺める事ができるなんて^^;

スタンダードにオートで撮影すると。。



撮影が楽しくなるスポットです(*^^*)

蒲田池の周りの遊歩道は約2キロほどなんだけど、
水辺の森から進みません(笑)

◆篠栗九大の森公園→http://www.sasaguri-therapy.jp/base_load/kyudai/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日はお友達とカフェランチ
2017.06.14 Wed l 福岡 l コメント (0) l top
『篠栗九大の森』の続きです。

このコースの水辺の森に自生している不思議な木。
落羽松(ラクウショウ)!

メタセコイアに似た樹木で湿潤地などで
根元が水に浸かった状態で自生します。
水面からは幹の周りに呼吸するための
呼吸根がのびてきてその姿はどこか幻想的。
沼地に多く見られるため別名ヌマスギと呼ばれてます

あたり一面は神秘的な空間に包まれていました。

この空間でカメラを持ってるとついカメラ遊びをしたくなりました!
PENのアートフィルターを色々使ってみましたよ。

ヌマスギトイ

↑トイフォトモードで撮影。

まるで絵本の中のようで素敵です(*^^*)

続いてセピアもいけるんじゃない?

ヌマスギセピア

秋の紅葉をイメージするような‥そんな雰囲気になりました
また、季節を変えて訪れたくなりますね。

続いてはファンテジックフォーカス。

ヌマスギファン

わぁ~^^これは素敵!

まるで妖精が現れそうなそんな雰囲気です。

いつも使ってるジオラマモードはひとつ前の記事で紹介してます。

腕がよければマニュアルで撮影するんでしょうけど^^;
そんな腕はなく、ついカメラの機能に頼ってしまう(笑)

マニュアルで綺麗に撮られてる皆さん尊敬します!

◆篠栗九大の森→http://www.sasaguri-therapy.jp/base_load/kyudai/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・常備菜ストックの良い容器を見つけたよ(*^^*)
2017.06.10 Sat l 福岡 l コメント (2) l top
前回予告していた『篠栗九大の森』を紹介します

たかぼうさんのblogで幻想的な写真を見てぜひ行ってみたい
そう思って新緑の季節に行って来ました。

「篠栗九大の森」は九州大学福岡演習林の西端にあります

約17haの森には、スダジイ、クスノキ、ヤマモモ等
約50種の常緑広葉樹と、コナラ、ネジキハゼノキ等
約40種の落葉広葉樹が生育しています。

池を囲む約2kmの遊歩道は自然を体感できる森です
「水辺の森」という場所にその絶景はありました。

P5144808.jpg

わぁ、なんて神秘的な景色なのでしょう^^

水辺に樹が沢山!
この木は、落羽松(ラクウショウ)

北アメリカ原産の落葉針葉樹で別名ヌマスギと呼ばれている。
湿潤地に強く、池のほとりなど根元が冠水するような場所で
自生することが多いそうです。

P5144809.jpg

九州大が生態の研究のため1977年に苗を植えました
この森は九州大学と福岡県糟屋郡篠栗町が共同で管理しています。

もともと篠栗町は『森林セラピー認定基地』として
森林浴を健康に生かそうという取り組みをしてきました。

その『森林セラピー』のコースのひとつが【篠栗九大の森】なんです

P5144820.jpg

本当に素敵な森でまるでジブリの世界のよう!

つい写真を撮り過ぎちゃいました。
という事で、しばらく森の写真を紹介していきますね^^

◆篠栗九大の森⇒http://www.sasaguri-therapy.jp/base_load/kyudai/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・シュガーバターーパン美味しかった
2017.06.05 Mon l 福岡 l コメント (7) l top
5月は新緑の綺麗なシーズンです。

先月の休日。
新緑を求めて素敵なスポットに行ってきました。

福岡県糟屋郡篠栗町にある「篠栗九大の森」
本当に美しい森なんです。

今日は予告編として少しだけ^^

P5144805.jpg

足元に真っ赤な実をつけたモノを発見。

野いちご?かな?
赤い実がカワイイですね。

周りを囲む葉も、緑がキラキラ綺麗です。

P5144807.jpg

森の力に癒される素敵なスポットです。

次回、詳しくご紹介しますね。

◆篠栗九大の森⇒http://www.sasaguri-therapy.jp/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・週末は久しぶりの定例会です♪
2017.06.02 Fri l 福岡 l コメント (2) l top
1Fは広間からお庭を眺めただけだったので。

2Fからお庭を見下ろした後、もう一度ゆっくり探検^^

長い廊下、窓、窓から少し見える中庭。

PB234611.jpg

全てが絵になりますね~。

伝右衛門は白蓮を迎え入れる為、改築を行います。
敷地面積約2300坪という敷地に、部屋数25という
広大な家屋を設けるのです。
しかも、その内部は京都からわざわざ宮大工を呼んで
技を尽くさせたという、細やかな美の技法に満ちています。

こちらは洗面所でしょうか?

PB234612.jpg

お洒落な洗面台ですね。

輸入物でしょうか^^

広間越しに見えるこちらのお部屋も素敵な予感です。

PB234614_20170509182148282.jpg

窓の向こうに少し見える、ライトがお洒落です。

さぁ、どんなお部屋なんでしょう?
覗いてみますよ!

PB234613.jpg

こちらは、食堂のようです。

お洒落な食堂でいただく食事も美味しかったのかな?
そして豪華なメニューだったのでしょうね^^

長ーい廊下を歩きながらふと思ったこと。

PB234610.jpg

こんなに長くて広い廊下、沢山のお部屋。
掃除が大変だったでしょうね(笑)

素晴らしいお屋敷ですよ。
良かったら歴史にも触れつつ見学されてみては?

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/index.htm

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日の料理教室準備OK
2017.05.11 Thu l 福岡 l コメント (2) l top
前回の記事ではお屋敷1Fからのお庭を紹介しました

1Fから眺めたお庭は目線と同じ。
2Fはどんな感じなんでしょうね(*^^*)

トントン‥階段を昇っていくと。。


窓越しに見下ろした庭園。

もっと近くに寄って見下ろした風景がこちら。


1Fより2Fからの眺めの方が素敵ですね。

さて1Fのお部屋をゆっくり見学するとしましょう。

◆旧伊藤伝右衛門邸→http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日はお休み〜♪
2017.05.08 Mon l 福岡 l コメント (4) l top
旧伊藤伝衛門邸の続きです。

さぁ、いよいよ豪邸の中へ入ります。
お屋敷内に入って目に留まったのは、小窓越しの景色。

PB234598.jpg

格子の合間からちょっぴり見える色づいた赤い葉が綺麗でした。

カメラを構えていたら、同じ場所から撮っている男性がいらっしゃいました。
やっぱりこの景色良いですよね?・・と心の中でつぶやき(笑)

広い広いお屋敷は、廊下もこんなに長い!

PB234599.jpg

1Fの大広間からは、日本庭園を眺める事ができます。

PB234606.jpg

日本庭園をお散歩するのも良いけど…

こうやって室内からゆっくりと眺めるのも良い。

PB234602.jpg

PB234604.jpg

このお部屋からは四季折々の景色を楽しむ事が出来るんでしょうね。

お座敷ってなんだか落ち着きます。
そんな気持ちになった時、日本人で良かったぁなんて思う(笑)

PB234605.jpg

1Fにはまだ沢山のお部屋がありますが先に2Fへ。

…続く。

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・パン屋巡り楽しかった♪

2017.05.05 Fri l 福岡 l コメント (2) l top
前回の記事、旧伊藤伝衛門邸の続きです。

白蓮館をサクッと観賞した後は、日本庭園を見学^^
それはそれは立派な庭園でしたよ。

庭園に入ると右手に大きなお屋敷が登場します。



隅々まで手入れの行き届いた庭園ですね。

お邪魔したのは11月下旬だったので、お庭のあちらこちらで
赤く色づいた紅葉も見る事ができましたよ。

新緑の今この写真?と悩みながらもUPしてます^^;

PB234588.jpg
PB234594.jpg

◆敷地面積:約7570㎡
◆建物延床面積:約1020㎡

池を配した広大な回遊式庭園を持ちます。

PB234592.jpg

庭園から眺めた、お屋敷の全景です⇓

PB234589.jpg

この屋敷は明治30年代後半に建築。

1911(明治44)年に50歳の伊藤伝右衛門が、25歳年下の
柳原燁子(あきこ/歌人・柳原白蓮として活躍)と再婚するにあたり
2階部分を増築しました。

以後、昭和初期にも増築が行われ日本庭園に面して
4つの棟と3つの土蔵から形成されています。

PB234591.jpg

庭園を散策しながら様々な景色を楽しむ事ができます。

平成23年9月に国の指定文化財(名勝)になりました。

PB234593.jpg

さて、いよいよお屋敷の中へ入りますよ^^

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/info/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・新緑の季節ですね^^
2017.05.01 Mon l 福岡 l コメント (0) l top
飯塚にある『旧伊藤伝衛門邸』に行って来ました。

お邪魔したのは実は去年の秋。
紅葉など、ちょっと季節外れな写真になるけどUPしますね^^;

明治、大正、昭和にかけて、福岡県筑豊地域は石炭エネルギー供給地日本一の場所でした。
当時「筑豊御三家」と呼ばれた麻生、貝島、安川に続いたのが炭鉱王、伊藤伝右衛門です。
”筑豊の炭鉱王”と呼ばれた伊藤伝衛門。

ここは、そんな炭鉱王が残した贅を尽くした邸宅です。

PB234574.jpg

まずは、入口のです。

PB234576.jpg

立派な門構えですね~!

邸宅を囲む塀?も、ずーっと先まで続いています。

PB234575.jpg

どこまで続いてるの??という程向こうまでありますね。

さて、敷地内へ入っていきますよ。

PB234614.jpg

お屋敷の玄関が見えてきました。

お屋敷に入る前に、立寄ったのは・・・

PB234577.jpg

白蓮館です。

伝衛門の妻だった、歌人柳原白蓮の歴史資料が展示されています。
倉庫だった場所を、白蓮館として美術館のようにしているみたいです

白蓮とは?・・・詳しくはコチラをどうぞ。

NHKの朝ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵さんが演じられていました。

残念ながら館内の撮影はNGです。
白蓮館の近くのモミジが綺麗に色づいていました。

PB234582.jpg

PB234583.jpg

お屋敷は、とーっても広いので白蓮館はさくっと観賞。

続いて庭園へと進みます・・・

庭園の様子は、次回ご紹介しますね。

◆旧伊藤伝衛門邸⇒http://www.kankou-iizuka.jp/denemon/index.htm

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・梅干し美味しいね。
2017.04.28 Fri l 福岡 l コメント (4) l top
小倉城庭園の続きです。

お庭をサクッと一周して建物の中に入ろうとした時。
ふと目に留まった景色です↓↓

PC074620.jpg

簾に「ひと休み」と書かれた文字。
なんだかほっこりしませんか?

そして、ひと休みしたくなりますよね^^

PC074622.jpg

一休み‥こんな色鮮やかなモミジをみながら、出来るなんて贅沢。

赤いモミジが簾に少しかかっているところがまた素敵ですね
この時期ならではの景色です。

こちらは受付近くにあったモミジ。

PC074624.jpg

青空にの綺麗な日で陽射しに照られてとっても綺麗でした。

赤いモミジに出逢えただけで、それだけで。
昼休みに出掛けた(笑)甲斐がありました。

2016.12.07撮影

◆小倉城庭園→http://www.kcjg.jp/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・ヨガdayです。寒くても頑張って出席^^
2017.01.20 Fri l 福岡 l コメント (4) l top
去年の12月にUPし損ねていた写真を紹介します。

季節感のない記事になりますが良かったらお付き合い下さい^^;

(2016年)は紅葉が長きましたよね!
山や高台は終わってるけど、平地ではまだ紅葉が残っていたり。

PC074615.jpg

この景色も12月に入って撮ったものです。

今年はレンズレンタル中なのに紅葉狩りに行ってない!
どこが近場で残ってないかな?と小倉城庭園に行って来ました。

しかも、昼休みにね^^;

職場のすぐ近くにあるんです。

小さな庭園で『わぁ〜』というような紅葉はないけど
身近な立寄りやすいスポットです。

PC074617.jpg

うんうん。これで充分よ^

時間もなかったのでサクッとお庭も見ていきましょう。

次回へ続く・・・

◆小倉城庭園→http://www.kcjg.jp/

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・パン買ったよ~♪
2017.01.16 Mon l 福岡 l コメント (0) l top
嵐のCMで話題になった宮地嶽神社。

参道から一直線に続く道が海に繋がっています。
さて、どんな海岸なのでしょう?

「九州の湘南」と呼ばれる 福間海岸。

PA104436.jpg

西日本有数のウィンドサーフィンのメッカ。
2キロに渡って続く白い砂浜、青い松林、夕日を眺めるにも格好の場所です。

そして海岸通りには、マリンスポーツのショップや
カフェなどが軒を並べドライブコースとしても人気があります。

サーフィンを楽しむ方たちを、しばし見学〜♪

PA104435.jpg

波乗りしている様子や、頑張って乗ろうとする姿を眺めていました。

この気持ち良い海岸通りにはカフェがズラリ!
沢山あり過ぎて迷っちゃいます^^;

ランチは1度行った事のあるあのお店へ。。

‥次回へ続く

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・今年初の牡蠣小屋!牡蠣食べ過ぎ~(笑)
2016.12.04 Sun l 福岡 l コメント (2) l top
年に2回の光の道は見れなかったけど‥

宮地嶽神社には光の道以外にも多くのトピックがあります。

それは3つの日本一。
何が日本一なのかというと拝殿に張られている巨大な『大注連縄』。

その大注連縄を見るために境内へ。。



神社って神木はもちろん!
鳥居、本殿など、全てが素晴らしいですよねっ。

チラッと見えてる大注連縄。

近くまで行ってみまーす(*^^*)


参拝者の方と比べるとその大きさが分かると思いますが
目の前で見上げると、迫力満点の大注連縄!

◆左右の長さ→11m
◆重さ→約3トン

圧倒的なサイズを誇る。
毎年12月には、地元の人の協力により掛け替えが行なわれているそう。



地元の皆さんのおかげで「大注連縄」は伝承されているんですね。

そんな事を考えながら眺めると、また違った気持ちになりますね。

2つ目の日本一は、直径2.3mの「大太鼓」。
前後の鼓面には、和牛皮がまるまる一頭分使用されている。

3つ目は、450kgもの重量をもつ銅製の「大鈴」。
高さは約3m。

大注連縄は知っていたけど他は知りませんでした^^;

嵐のJALのCMで最近は観光客が増えてるようですが
宮地嶽神社、オススメのスポットです♪

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・髪切ってスッキリ!

◆宮地嶽神社→http://www.miyajidake.or.jp/
2016.11.30 Wed l 福岡 l コメント (2) l top
ほぼノープランだった糸島へのおでかけ!

締めくくりは、桜井二見ヶ浦の夫婦岩。

糸島半島の北部、県道54号線沿いに二見ヶ浦に進むと
海岸沿いに大きな夫婦岩と大鳥居が目に留まります。

すぐそばに、駐車場もあるのでとっても便利です。

P9114429.jpg

夫婦岩は海岸から約150mの海中にあります。

2つの岩は、高さ11.2mと11.8m。

夫婦岩のある桜井二見ヶ浦は「日本の渚100選」と
「日本の夕日100選」にも選ばれる名勝スポット!

P9114430.jpg

夫婦岩の間に沈む夕日は絶景なのでしょうね。

次回は天気の良い日に行きたいな♪
青空と海がに、白い鳥居が映え夫婦岩も見れるなんて素敵!

仲良く並んだ夫婦岩、ぜひ夕陽と合わせて行かれてみては?

<桜井二見ヶ浦>
◆住所/福岡県糸島市志摩桜井

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・新しいCafe開拓~♪
2016.10.18 Tue l 福岡 l コメント (2) l top
糸島へのお出かけ!

REDHOUSEcaféでランチを済ませた後は、『芥屋の大門』を目指します。
糸島半島の1番端っこ辺りにあります。

場所が分かりづらくってココかな?と辿り着いた所は、
後から分かったけど‥『芥屋の大門公園』でした(笑)

駐車場に車を止めて少し歩くと、玄界灘を眺める事が出来ます。

P9114415.jpg

写真には写ってないけど…遊歩道?防波堤?があって
海沿いをお散歩できます♪

公園という事もあり歩きやすく整備されていますね^^

◆芥屋の大門公園◆
糸島市の観光名所である芥屋の大門にある公園で
公園の駐車場から北側を歩いて行くと玄海灘と、
国の天然記念物である芥屋の大門(けやのおおと)を
一望できる歩道にたどり着きます。
公園内には海の神様である大祖神社があり、
塩土老翁神と呼ばれる製塩の神様が祀られています。

神社には、なぜか土俵もあって不思議でしたよ^^;

こちらは、芥屋の大門方面。

P9114416.jpg

芥屋の大門は、六角形や八角形の玄武岩柱状節理として
全国的に知られる日本最大の玄武岩洞です。
(日本三大玄武洞=芥屋の大門・唐津七ツ釜・兵庫県豊岡市玄武洞)
●高さ 64m
●奥行 90m
●間口 10m

洞窟は神秘的な景観を呈しています。
国の天然記念物に指定され、糸島を代表する観光地の一つです。

P9114420.jpg

遊覧船乗り場は、こちらじゃなかったみたいですねっ(笑)

でも、こんな美しい景色を眺める事が出来たから満足♪

さて、目的の遊覧船乗り場へLet's Go!
この時は、まさか数時間待ちだとは思ってもみませんでした。

3時間は待てず‥遊覧船は断念。
次回は、もぅ少し計画を立てて行きまーす。

遊覧船は、芥屋漁港から4月~11月の間運航されていますよ。

<芥屋の大門>
◆糸島観光協会HP→http://www.itoshima-kanko.net/?contents-cat=%e8%8a%a5%e5%b1%8b%e3%81%ae%e5%a4%a7%e9%96%80%ef%bc%88%e5%9b%bd%e6%8c%87%e5%ae%9a%e5%a4%a9%e7%84%b6%e8%a8%98%e5%bf%b5%e7%89%a9%ef%bc%89

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・モンブランケーキの美味しい季節です。
2016.10.06 Thu l 福岡 l コメント (2) l top
「カフェ風楽」で”焼きおにぎりランチ”を楽しんだ後は。

帰り道に立ち寄れるスポットはないかしら?
そう思って寄り道したのは、八幡西区木屋瀬。

ココでは古い街並みを見る事ができます。

木屋瀬1

もともと、長崎街道沿いの宿場町の一つ!

約1km弱の長さの両側に、商家や町家などが復元されていて
まるで映画やドラマのロケが行われそうな雰囲気です。

この通りに、前々から行ってみたかった”和Cafe”があるんです。

木屋瀬2

周りの雰囲気に溶け込んだ、素敵な建物。

Cafeでのティータイムは次回ご紹介しますね。

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・明日はお休み。
2016.07.04 Mon l 福岡 l コメント (2) l top
6月はblog更新がゆっくりになってしまいました^^;

来月7月は、もっとサクサク更新するようにしまーす!
(って宣言しちゃうと・・きっと書けるはず^^)

さて、北九州の新緑スポット『菅生の滝』の後に向かったのは。。

同じ小倉南区にある『鱒淵ダム』です。

鱒渕ダム1

お天気が良いと写真のように、水面がキラキラして綺麗。

この近くはサイクリングコースにもなっているんです^^

今回は、車を止めて少し眺めただけ。
上から、ダムを見ていると魚が見えましたよ♪

鱒渕ダム2

北九州にも、色々な新緑スポットがあるものですね。

平尾台→菅生の滝→鱒淵ダム

なかなかオススメのコースだと思います♪
平尾台にはぜひお弁当を持っていくと良いですよ。

最後におまけの写真。



菅生の滝で見上げた大きな木。

自然の力を感じる大木でした^^

◆鱒淵ダム→http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/file_0211.html

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・久しぶりにカレー作ったよ。
2016.06.27 Mon l 福岡 l コメント (2) l top
さて、目的の『菅生の滝』を目指して進んでいきます。

若葉がキラキラした渓谷を歩くと気持ち良いですね。
途中にキャンプ場もありましたよ!

菅生キャンプ場橋

その先を、ぐんぐん進むと‥滝の音が聞こえてきました。

目の前に現れた、大きな滝!!

水しぶきを避けながら、カメラを構えます(笑)

菅生の滝1

滝ツボを見学されてる方もいますね。

あんな場所まで、どうやって行ったのかしら!?
勇気あるー!って感心しながら、離れた場所で眺めてました。

音と一緒に滝ツボに流れ落ちる様子を見ると、迫力満点です。

菅生の滝2

辺りの木々も、青々としています。

真夏に〝涼を求めて滝巡り〝も良いけど、暑くなる前。

人が少ない時季にゆっくり鑑賞するのもオススメです。

❇︎❇︎❇︎今日のありがとう・感謝・ツイてる❇︎❇︎❇︎
・セブンドーナツ美味しいね。
2016.06.19 Sun l 福岡 l コメント (4) l top