さて、建仁寺【前編】に引き続き後編を紹介します。

方丈から、大雄苑を眺めた後は…スリッパに履き替えて少し歩くと。

茶室「東陽坊」の見学が出来ます。
それから、潮音庭も素敵でした。

建仁寺-後1

本坊の中庭である『潮音庭』は、中央に『三尊石』その東に『座禅石』
廻りに紅葉を配置した禅庭で、南北の建物と東西の廊下のどの位置から見ても
正面と捉えることができる『四面正面』の中庭となっています。

建仁寺-後2

建仁寺-後3

なんて、素晴らしいお庭なんでしょうね^^

さて、またまたスリッパに履き替えて法堂へ向かいます。

その途中に出逢った景色です。
この小さな覗き窓から眺める大雄苑も素敵です。

建仁寺-後4

法堂には、建仁寺で一番見たかったものがあるんです!!

そう!それは『双龍図』。

法堂へ入り天井を見上げると・・・

建仁寺-後5

写真だとどのくらいの大きさか、分かりませんよね?

畳108枚分の水墨画です。
これは、圧巻でした!

もう少しアップで撮ったものです。

建仁寺-後6

平成14年(2002年)に建仁寺創建800年を記念して、
日本画家の小泉淳作画伯が約2年の歳月をかけて取り組んだ壮大な作品だそう。

この大迫力には圧倒されました。

京都へ行く機会があれば、是非ご覧になってみてくださいね。

◆建仁寺HP→http://www.kenninji.jp/index.php


***最近のありがとう・感謝・ツイてる***
・お友達オススメの和食ランチに大満足。
・アウトレットでお得なお買い物♪
・今年は貯金頑張る!!
スポンサーサイト
2014.01.31 Fri l 京都 l コメント (14) l top