田川石炭記念公園を散策していると、もう一つ文化財を見つけました!

赤いこの建物は何??

伊田竪坑櫓

一体、何のために使われいたのかしら???

そう思って案内板を見ると、こんな紹介がされていました。

<旧三井田川鉱業史所伊田竪坑櫓>

伊田竪坑は三井田川鉱業所が田川開発の切り札として1910年に完成。
そのため、筑豊も深竪坑時代に入り、伊田竪坑櫓は1909年に完成しました。
高さ約28.4mの鉄製でイギリス様式のバックステイ形です。
筑豊に残存する唯一の竪坑関係遺跡です。
登録有形文化財にも指定されています。

燃料の主流が石炭だった頃、二本煙突と一緒にフル稼働してたのかな?

伊田竪坑櫓2

『二本煙突』は、公園内のどこから見ても目立ってます(笑)

時々、こういう文化財巡りをすると楽しいですね(*^^*)

<旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓>
◆住所/福岡県田川市大字伊田2734-1
◆HP→http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/197459

***今日のありがとう・感謝・ツイてる***
・肩こり緩和のリンパマッサージ覚えたよ♪
スポンサーサイト
2015.07.28 Tue l 福岡 l コメント (2) l top