祇園街歩きから、向かったのは『建仁寺』です。

建仁寺は、どんなお寺かは、コチラ(建仁寺について)をご覧下さいね。

こちらのお寺も、境内はとても広く…何処から見学すれば良いやら。
まずは、本坊から入ります。

最初に目に留まったのは、大書院にあるコチラ。

建仁寺-襖1

俵屋宗達によって描かれたと言われる「風神雷神図屏風」です。

写真NGかと思いきや、皆さん普通に撮ってました^^;
フラッシュ撮影は恐らくNGでは?と思います。

続いて、順路に沿って方丈へ。。

建仁寺-方丈

慶長四年(1599)恵瓊(えけい)が安芸の安国寺から移築したもので、
優美な銅板葺の屋根が印象的な禅宗方丈建築。

方丈内にある、大広間の襖には龍が描かれています。

建仁寺-襖3

4枚の襖を合わせて龍が描かれてるなんて凄いですよね。

これだけでも圧巻です。

右側の襖にも、、

建仁寺-襖2

見事な襖絵ですよね!

また前庭に枯山水様式の「大雄苑(だいおうえん)」があります。

このお庭が素晴らしかったです。
では、その素晴らしい「大雄苑」をご覧下さい。

建仁寺-庭1

隅々まで手入れが行き渡ったお庭です。

縁側に座って、お抹茶をいただきながら…このお庭をしばし眺めていたい。
そんな気持ちになりました。

今度は、ジオラマモードで撮影してみましたよ。

建仁寺-庭2

「龍安寺の石庭」より、こちらのお庭の方が私好みかも^^

毎日お手入れをされてる方がいらっしゃるから、この美しさなんでしょうね。

建仁寺-庭3

いやぁ~、ホントに素晴らしい!!

まだまだ、この先も素敵な景色が続きます。
次回、後編をお楽しみに~♪

後編へ続く・・・

◆建仁寺→http://www.kenninji.jp/index.php

***ありがとう・感謝・ツイてる***
・明日は企画イベントお客様に楽しんでいただけますように。
スポンサーサイト
2014.01.24 Fri l 京都 l コメント (10) l top

コメント

みゆさんへ
こんばんは☆

素敵という言葉、何度言ったかしら^^
そんなお庭や建物、描かれているものなどなどでしたよ。

京都へ行くと、日本人で良かったなぁと感じました。
昔の人々の建築美は素晴らしいですね!
2014.01.31 Fri l Blue sky. URL l 編集
あつさんへ
こんばんは☆

あつさんも、建仁寺へ行かれた事があるんですね^^
写真が自由なのは、私達にとって嬉しいポイントですよね!
いらっしゃったのですね(^^)
あつさんの思い出の場所なんですね~。
ホントお庭が素敵でした。
2014.01.31 Fri l Blue sky. URL l 編集
がーこさんへ
こんばんは☆

あつさんもご存知でしたねっ(*^^*)
はい!まわりの皆さんも、パシャパシャ撮ってたから良いのかなぁ?と。
こんなていれの行き届いたお庭、何も考えずぼーっと眺めていたいですね♪

2014.01.31 Fri l Blue sky. URL l 編集
junさんへ
こんばんは☆

すっごく良い雰囲気でしたよ~。
わかります!
私も、京都回りきれていません!
Junさんも次回は是非是非~♪
私は次回は嵐山に行きたいです(*^^*)
2014.01.31 Fri l Blue sky. URL l 編集
雪凛さんへ
こんばんは☆

はい!
京都の神社や仏閣の お庭、本当に芸術的でした!
確かに…
あの模様を作っているところを見てみたいですね!
後編も楽しみにしててくれ嬉しいです。
ありがとうございます♪
2014.01.31 Fri l Blue sky. URL l 編集
こんばんは^^

どこを見てもステキなものばかり♪
なかなか普段触れることは少ないですけど
日本の建築も文化も歴史も素晴らしいなって
こういう時改めて自分の国が誇らしく思えます。
なんて^^*
2014.01.28 Tue l みゆ. URL l 編集
No title
こんにちは♪
建仁寺さんへいらっしゃったのですね(^^)
ここはカメラ撮影OKの場所なので嬉しいですよね!
私にとって色々思い出のある場所です(^^)
お庭も龍も素敵ですよね♪
2014.01.28 Tue l あつ. URL l 編集
No title
有名な絵ですよね。
写真撮っていいんですねー。意外!
本当にこんなところでボーっとしていたいです。^^
2014.01.27 Mon l がーこ. URL l 編集
No title
こんばんは。
これは雰囲気いいですね~。
京都って、いろいろありすぎてなかなか回りきれません(^^;
次回機会があれば行ってみたいなぁ~。
2014.01.26 Sun l jun-1021. URL l 編集
こんばんは(^^)
お庭、もはや芸術ですよね。
どうやってあの模様を作っているのかいつも気になります^^後編も楽しみにしてま~す(^^♪
2014.01.26 Sun l 雪凜(ゆきりん). URL l 編集

コメントの投稿