シ-サー

我が家の守り神、可愛らしい表情をしたシーサー。

沖縄では、民家の屋根・門柱で良く見かけますよね?

写真のシーサーのように、可愛らしい表情をしたもの、
少し怖い表情をしたものなどその表情は様々。。

きっと、歴史があるんでしょうね。

シーサーについて、あまり知らないのでちょっと調べてみました。

●シーサーはどこからやってきたの・・・?

シーサーは古代オリエントに期限を持つろいわれ、獅子(ライオン)が原型とされています。
紀元前6000年頃、エジプトやインドでは強さの象徴としてライオンの石像が造られました。
それがシルクロードを横断し、13~15世紀頃に中国から沖縄へ伝わったのです。

●シーサーのオスとメスはあるの・・・?

このペア、性別はあるのでしょうか?

シーサーは、多くの場合”金剛力士像”などのように、阿吽(あうん)の一対に
なっていると言われています。阿(あ)がオス、吽(うん)がメスです。
左右の位置については、例外はあるものの左側が阿、右側が吽になっています。

あれれ!?左右弱に置いちゃってるみたい(苦笑)

シーサーは、いまや沖縄のシンボルとなっています。
ガイドブックには赤瓦に鎮座した姿が紹介され、お土産店にも欠かせない存在!

これからも色んな場所で、守り神として活躍してね♪


***今日のツイてる・ありがとう・感謝***
お店のスタッフさんが、ドアを開けてくれた。
段差を「気をつけて」と声をかけてくれた。
スポンサーサイト
2011.10.26 Wed l ●zakka l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿